ラーラぱど プラス[L'ala Pado Plus]東京  オフィスで働く女性のための情報(グルメ・美容・エステ・キャリア・スクールetc.)&ブログサイト

Recommend News


世界に誇る岐阜の遺産をめぐる旅

2016年12月に、全国33の行事がユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録。岐阜県には、そのうちの3つ「高山祭」「古川祭」「大垣祭」があり、いずれも春に開催される。ほかにも、岐阜県には「白川郷合掌造り集落」「本美濃紙」など世界に誇る遺産が多数。伝統、文化でも高い評価を受けている魅力溢れる岐阜県の遺産をめぐる旅へ一度行ってみては。

祝・ユネスコ無形文化遺産に登録 「山・鉾・屋台行事」

 

「高山祭の屋台行事」

日本三大美祭のひとつ「高山祭」は、春の「山王祭」と秋の「八幡祭」の2つの祭の総称。華麗な「祭屋台」は、巧みな人形の動きを披露するからくり奉納など細部まで匠の技が感じられる造りになっている。夜には各屋台が100個にもおよぶ提灯を灯し、幻想的な雰囲気に。

 

「古川祭の起し太鼓・屋台行事」

毎年4月19日、20日に飛騨市古川町で盛大に行われる気多若宮神社の例祭。「動」と「静」の2つが共存が魅力の祭りで、特にさらし姿の裸男たちが櫓に集まる「起し太鼓」は迫力満点!匠の技が結集された絢爛豪華な屋台は、江戸と京都の東西文化が融合した飛騨独特の三段構造が特徴。

 

「大垣祭の行事」

大垣の城下町で、360年余の伝統をもつ初夏に行われる「軕(やま)行事」。大垣藩主から賜ったとされる3両の軕と、町衆がつくった10両の軕、全13両の様々な仕掛けが施された軕が、賑やかな祭り囃子とともに曳き回され、華麗な祭絵巻を繰り広る。夜のライトアップも見どころ。

 

 

歴史と文化に触れてながら美しい風景を堪能して!

 

ユネスコ世界文化遺産「白川郷合掌造り集落」

世界的にも珍しい建築様式が残るとして、1995年にユネスコ世界文化遺産に登録された白川郷合掌造り集落。

 

ユネスコ無形文化遺産「本美濃紙」

1300年以上の伝統を誇る独自の漉き方で漉かれ薄くても丈夫で美しい「美濃和紙」。中でも「本美濃紙」は最上級の書院紙といわれている。

 

ユネスコ世界の記録(候補)「杉原リスト」

「外交官 杉原千畝」は、第二次世界大戦下、ナチスドイツからの避難民に対して人道主義・博愛精神に基づき、独断で大量の日本通過ビザを発給した。その記録が「ユネスコ世界の記録」の候補となっている。

 

世界農業遺産「清流長良川の鮎」

名水100選に選ばれた岐阜県の象徴ともいわれている長良川。清流で鮎が育ち、清流と鮎は経済や歴史文化と深く結びついている。

 

世界かんがい施設遺産「曽代用水」

2015年に、世界かんがい施設遺産に登録された、関市・美濃市の2市にまたがる用水。曽代用水によって荒れ地が田んぼに生まれ変り、人々の生活が豊かになっていった功績がある。

 

詳細はこちら「楽天トラベル」

(キャンペーン期間=3月26日(日)まで)

応募フォームへ

プレゼント応募の注意事項

L'ala Padoをパソコンで見る L'ala Padoを職場にお届け 設置場所一覧 読者モニター登録案内